カルーセルを React で実装したときのメモ

created at: 2020-11-29

history
※この記事は書きかけです。

カルーセルの仕様

まずカルーセルの基本的な仕様を上げてみます。
  • -

想定する使用方法

次に完成したカルーセルの使用例です。
import { Carousel } from 'carousel'

return (
  <Carousel>
    <div>0</div>
    <div>1</div>
    <div>2</div>
  </Carousel>
  <Carousel.Indicator>
    {({ active, length }) => (
      Array(length).map((v) => (
        <div key={v} className={active === v && "isActive"}>{v}</div>
      ))
    )}
  </Carousel.Indicator>
  <Carousel.PrevButton>
    {({ active }) => (
      <span>prev button</span>
    )}
  </Carousel.PrevButton>
    <Carousel.NextButton>
    {({ active }) => (
      <span>next button</span>
    )}
  </Carousel.NextButton>
)

実装

まずカルーセルの機能を提供する hook(useCarousel)を作成します。 useCarouselが返すのは以下です。
  • -active
  • -offset
  • -onNext
  • -onPrev
  • -